【体験談】OYO LIFEに2人で入居!評判悪いけど実際どうなの?契約〜入居当日までをレビュー◎

暮らし
スポンサーリンク

こんにちは。asumiです。

2週間ほど前から、OYO LIFEで夫婦ふたり暮らしをはじめました。

asumi
asumi

OYO LIFEは悪い口コミも多く当日までかなりドキドキでしたが、快適に暮らしています!超便利!

入居時のトラブルの対応などちょっと面白かったのでシェアします!

よかったら参考にしてみてください!

OYO LIFEの契約は超簡単

  1. ワーホリのために家具家電などを処分してしまった
  2. コロナの影響でワーホリが中止
  3. 住んでいたマンションの契約期限も切れてしまう…
  4. 夫婦ともに新米フリーランス。部屋を借りられるかもわからない…

という状況にあったわたしたち。

そんなとき、頭に浮かんだのがOYO LIFEのサービスでした。

スマホ1つでポチっと申し込み

住みたい部屋を決めたら、入居日程を入力して予約ボタンをタップ。

そのあと必要事項を入力するだけ。

出典:OYO LIFE

2人入居であることはこちらから伝える

2人入居可能かどうかは、物件ページに書いてあります。


出典:OYO LIFE

「二人入居可」で検索をかけられないのが結構不便。

予約フローの間に2人入居を選択する場面がなかったので、サポートに電話して伝えるしかありませんでした。

「確認してこちらから折り返します」と言われたものの、なかなか連絡がなかったのでまた電話しました。笑

物件ページには記載がありませんが、二人入居の場合、共益費として+5,000円を支払う必要があるそうです。

asumi
asumi

一人増えて+5,000円は結構良心的だと思います!
最初に電話にでたお姉さん、ぽわんとした方でかなり不安でした!笑

サイトにはスペアキーについても記載がありましたが、申し込まなくても鍵は2つありました。なんかいろいろ雑。笑

コンビニで鍵を受け取りサクッと入居?

入居前日、OYOから

  • ポストの暗証番号
  • 宅配ボックスの開け方
  • キーステーションの番号

などが書かれたメールが送られてきます。

キーステーションは最寄りのファミリーマートに。

スマートに鍵を受け取って、お部屋に向かいます!

鍵が開かずに大パニック

無事に部屋についたものの、鍵が開けられず大パニック。

お隣の方が教えてくれて無事に鍵は開きましたが、それまでに

  • LINKEYのサポート
  • OYOのサポート

に電話しても解決しませんでした。

前日のメールにLINKEY(スマートロック)の暗証番号の記載もなく、開け方の説明もなく…

「カードをタッチしても開かないんですけど…」

とあたふたするばかり。

結局隠れていたシリンダーの鍵を挿したら開いたんですが、それならそうと言ってくれればいいのに…とちょっと泣きそうになりました。

asumi
asumi

ということで、サクッと入居!は叶いませんでした!笑

家具家電は充実!

お部屋は新築とあってかなり綺麗!

清掃も行き届いていて、潔癖症なわたしでも安心して暮らせそう

備え付けのモノも充実だったので、一人暮らしであれば十分だと思います!

▼部屋に備え付けられていたもの▼

  • エアコン(三菱)
  • 冷蔵庫・電子レンジ・電子ケトル(謎メーカー)
  • ポケットWi-Fi
  • マグカップ・平皿・お椀
  • 洗濯機・洗濯かご・ハンガー・物干し竿
  • バスタオル・フェイスタオル・バスマット
  • ドライヤー
  • 掃除機(ニトリ)
  • 寝具一式
  • テーブル
  • ラグ
  • 衣装ケース

わたしは自炊したかったので、カトラリーや調理器具、調味料は買い足しました。

ニトリの掃除機も使いづらかったので、新しく購入。

入居中or予約済の段階で、食器類&キッチン用品がセットになった「OYO BOX」を申し込むシステムになりました!

洗剤やシャンプーなどはないので、自分で用意しましょう!

ポケットWi-Fiはあまり使えないかも

Wi-Fiの速度が心配だったのですが、案の定遅すぎてストレスフルに…。

楽天モバイルに乗り換えたら、LTEのままサクサク動くようになって感動しました!

入居時での不良品は交換してくれるけど…

ケトルを使おうとしたら底が割れていることに気づきました。

サポートにメールしたところ、交換に来てくれるとのこと。

えぇ…

本日10:00に行けますよ!というメールが10:21に送られてくる謎。

電話しようかな?と思いましたが、なんかもう面倒くさくなって放っておきました…。

そしてその日の午後に電話があり、「明日の10:00に伺います」とのことでした。

asumi
asumi

謎すぎて笑うしかないですね。心がおおらかになってきます。

そして次の日、元気なお兄さんが来て新品のケトルと交換してくれました!ありがとうお兄さん!

そんなこんなで、無事に(?)OYO LIFE物件に入居することができました◎

OYO LIFEは二人暮らしにもおすすめ

サポートの対応などいろいろと思うことはありますが、無事に生活が始まった今は、何不自由なく暮らせています

ワンルームに夫婦2人で暮らしていますが、狭さや不便を感じることはほとんどありません。

さらにフリーランスになって間もないわたしたちにとって、

  • 審査なし
  • 敷金礼金・仲介手数料なし
  • 家具家電つき
  • 光熱費の手続きなし

で住めるOYO LIFEはまさに救世主。

通常の家賃相場よりはもちろん高いですが、都内&光熱費込みと考えると妥当だと思います。

働き方も変わってきている今、

好きなときに、好きな街へ。

という新しい住まいの形を、ふたり暮らしの方にも全力でおすすめしたいです◎

OYO LIFE 公式サイト

 

PROFILE
asumi

1991年神奈川生まれ。

鍼灸整骨院で受付スタッフ・採用・WEBマーケティングなどを経てフリーランスとしてWEBライターに転身。美容・健康、暮らしについての記事を執筆しています。

2020年5月からのカナダワーホリ予定が、新型コロナウイルスによって中止に。1歳上の旦那さんと海外移住を夢見て模索中☺

海外旅行とミッフィーとパンが好き。

asumiをフォローする
暮らし
スポンサーリンク
asumiをフォローする
nicoasu.

コメント